石橋代表個人のブログ さかいハッタツ友の会

発達障害の自助グループを主宰してます。家族会と当事者会があります。開催回数と年間のべ参加者数で日本一のセルフヘルプグループです。

自助グループ設立マニュアル

自助グループに効果や役割について前章で解説しました。
次は、自助グループを設立する方法をお伝えします。


10年前に比べて、発達障害自助グループ(家族会含む)はずいぶんと増えました。
しかし、都市部に集中しているため、地方ではまだまだ足りない状況です。


まずはネット検索で「お住いの都道府県 発達障害 自助」してみてください。
活動を継続しているようなら、遠隔地でもぜひ参加することをお勧めします。

 


もしご自身のお住いの地域に活動している自助グループがない場合は、みずからで主催することも可能です。
「え?そんなこと出来ないよ」と思った人が多数でしょう。


実は自助グループは設立されては消えていく「泡」のような存在です。
ほとんどの会がボランティアで運営されているため、様々な事情で3年を待たずに活動を停止してしまいます。
5年継続するのは1割程度。10年継続となると本当に数えるほどにまで減少します。
それほど、自助グループの継続運営にはコツが必要なのです。


ご安心ください。さかいハッタツ友の会では、誰でも、どの地域でも、どんな属性でも主催できるノウハウがあります。
設立から15年の経験値をすべてお伝えできます。
主催にあたっては、お金も労力も資格も能力も宣伝も集客も用意するモノもすべて不要です。
まず設立にあたってすべきことは以下の3つだけです。

①会場の予約
10人程度がソーシャルディスタンスできる会議室やレンタルスペース。
カフェの個室やマクドナルドのイベントスペースや居酒屋の閉店時間に場所を借りるのも良いですね。
会場代は2000円まで。
利便性などは現時点で考えなくてよい。主催者が毎月通いやすい会場を。


②予約した日時と場所を石橋に連絡する。
ツイッターやインスタグラムやFacebookを通じて石橋に連絡をください。
私があなたの会の宣伝を肩代わりします。
最初は5人も来れば万々歳です。
長く続けていくことで自然と参加者は集まるようになるので。


③予約した時間その場所にあなたが遅れずに居ること
初回は参加者がゼロの可能性もあるので、時間つぶしの物を持参しておきましょう。
しかし、全国どの地域でも初回は石橋がリアル参加しますので、ご安心を。
本当に参加者ゼロだったら、石橋と2時間お喋りしましょう。


以上3点。これが出来ないなら、誰かが設立してくれるまで待ちましょう。

 


自助グループ運営のミソ


自助グループは継続開催することにのみ注力することで、様々な効果や役割を発揮できます。
過去、多くのグループが最初から色々なことに取り組もうとして失敗しています。
設立当初はエネルギーの消耗を避け、年数と共に新しいことをすべきなのです。
3年継続すれば、参加者数も安定してきます。主催者自身の経験値も増えています。
5年継続すれば、支援機関や行政側の耳にも情報がはいるので、向こうから接触してきます。
10年継続すれば、それだけで「レジェンド」。あなたが本来やりたかった事がすべて実現可能になっています。


長期継続することと毎回の中身の濃淡は無関係。
良くても悪くても、淡々と毎月開催するだけ。
主催者であるあなたの心身が消耗しない事こそが最重要だから。

そのためには、常に「しない運営」を心がけるようにしましょう。
「したほうが良いかな?」と思うことは、しなくいいことです。
「どうしてもしたい!」と主催者が思うことは、やっても構いません。


ほかのグループとの差別化も不要。
主催者の個性がそのままグループの「色」になるので。


また、参加者の満足度も不要。参加者からの要望は一切聞かなくてもよいのです。

それぞれのグループの個性を見て、参加者が選べばよいので。
主催者が参加者に合わせるようになると、いずれグループは潰れます。


主催者がケアすべき人は参加者ではありません。
主催者自身を最もケアすべきです。
主催者であるあなたが健全な心身で自助グループを開催し続けることが、最大の「社会貢献」になるからです。

 

自助グループの役割

自助グループは段階に応じて様々な役割を担うのです。

〇第一段階:設立~2年程度
10人程度の小規模なピアによる「分かち合いと勇気づけ」
「勇気づけ」とは他者からの声掛けではなく、参加者本人の中に芽生える「生きていけるかも」という希望を指す。

〇第二段階:3年程度経過
グループの存在している地域の社会資源や支援機関の「生の情報(評判や内情)」の交換。
その他、発達障害に関わる医学情報やライフハックなどの共有。

〇第三段階:5年程度経過
支援機関や医療機関等との連携および協働

〇第四段階:10年前後経過
複数グループで運営することで、多様なニース(属性や開催地域、開催時間帯や曜日)に対応する。

〇第五段階:20年以上
全国組織として当事者全体の意見の吸い上げ、および各所(マスコミや行政機関など)への発信や働きかけを行う。

 

留意点
1,各段階は単純にグループの継続年数によって進捗する。

2,グループの段階に応じて、それぞれ担う任務が異なるということ。
手前段階のグループが、これらを経ずに「後段階」に関わろうとすると、力不足で主宰者が消耗する。主宰者の消耗はグループの消滅に直結するので、注意が必要。

3,後段階に進捗したとしても、第一段階の「分かち合いと勇気づけ」をおろそかにすると、グループは崩壊する。

4,後段階に進捗するために特別な事はしなくてよい。「プラントハプスタンス(計画的偶発性)」によって、年数と共に進展していく。

5,恣意的に組織化することはNG。あくまで個人で出来る範囲に留めることが重要。

コロナ禍も意外と悪くないと思っている個人の雑感

石橋尋志 さかいハッタツ友の会 代表
 
私は15年前から大阪府を中心に発達障害自助グループを主宰してきました。コロナ前までは、年間240回以上開催していましたが、2020年と2021年に関しては、開催会場が閉鎖されたことにより、半数近くが休会を余儀なくされました。それでも少人数での開催やオンラインを駆使して、自助グループの運営を続けています。緊急事態だからこそ、当事者や家族たちにとって自助グループは求められていると感じているからです。
一方、私個人に関しては、コロナ禍においても大きな変化なく、大差ない日常を過ごしています。本業の建設会社は以前より仕事量が増えたくらいです。むしろ、多くのイベントや飲み会や会合が中止になったことで、家庭内で過ごす時間が増え、家事遂行能力が格段に向上しました。
私の感じているコロナ禍による大きな変化とは、「リアルで直接対面すること」の価値が向上したということ。つまり「顔あわせて会ってまで話をすることに理由が必要な時代」になった、ということです。今までは、オンラインや電話などで要件を伝えることは失礼だと捉える人も多かったのではないでしょうか。ところがコロナ禍においては、礼儀のために感染リスクを犯すことこそ、礼を失するという文化になったと言えます。そうなれば、現実的に効率の良いコミュニケーションが取れるようになり、私個人は以前より円滑に物事を進めることが出来るようになったと感じています。形式的な会議や「お付き合い」のための飲み会は無くなり、テレワークによって通勤時間は短縮し、仕事上のやり取りは極力オンラインで進行していく。今まで社会生活のために必要だと言い聞かせて浪費していたリソース(時間や金銭など)を、本来の自分の生き方に配分できるようになりました。具体的には、書籍を読んだり、映画鑑賞や趣味の時間が増え、日頃の発達障害の活動を文章としてまとめることも出来るようになりました。ゆえに、コロナ禍による変化を、私個人は好意的に受け止めています。
少し大きな視点で考えてみると、人類の歴史は大規模な感染症や戦争・自然災害に何度も振り回されてきました。現代においても例外ではなく、自分たちの日常がほんの些細なことで変化することを忘れてはいけない、と私は考えています。一方で、変化する世界に対して、人間は苦しみながらも長い年月をかけて順応していくことができる生き物でもあります。時の為政者のあり方や我が身の不運を嘆くことは簡単ですが、いち庶民の私たちがすべきことは、目の前の日々を淡々と生活していくことしかない、と私は心がけています。それこそが「人類の繰り返してきた歴史」ではないでしょうか。
発達障害は、今回のような社会変革に対応するための「遺伝子の保険」だと私は捉えています。遺伝子は、自らの生き残りのため、あらゆる変化を想定して数パーセントの「変人」を、常に集団の中に存在させているのではないか。そう考えると、コロナ禍による社会の変容は、一部の発達障害者にとっては「僥倖(ぎょうこう)=思いがけない幸運」となる可能性があるということです。
 とはいえ、今から特別なこと始める必要はありません。ステイホームによって生じた時間を有効活用して、「自分の内面との対話」をオススメします。自分との対話のテーマは「今の自分に出来る事とは?」もしくは「敢えてしない」「意識してやめる事はないか?」がよいと思います。これからのご自身の判断基準を、自分の内面と相談して決めていく。もちろん状況に応じて判断を変更していく。世間の常識や誰かの基準で物事を判断するのではなく、自分との対話によって自分で決める。過去の歴史において、特異な遺伝子である発達障害者たちは、世間が思いもよらない非常識な発想によって、新しい時代を創造してきました。これは「令和コロナ時代」においても、普遍の法則ではないかと私は考えています。
「ダメで元々。万が一でも上手く行ったらラッキー!」
「そもそも生きているだけで超ラッキー!死ぬこと以外はかすり傷」
「毎日どんな風に生きていても、幸運と不幸はもれなく落ちてくる」
という心構えで、私はコロナ禍でも毎日を能天気に生きています。